_images/logo.png




編集したファイルを保存したい

編集した内容の保存は、シーンファイルとして保存する方法と、プレゼンテーションファイルとして保存する方法と2種類あります。


シーンファイルに保存する方法

  1. [ファイル]メニューから[名前を付けて保存]を選択します。

    _images/SaveFile1.jpg

  1. ファイルダイアログが開き、名前をつけて[保存]をクリックします。これにより、分子の表示形状、色、視点位置、選択原子などシーンウィンドウ内のすべての編集内容が保存されます。あとから好きなときに編集を再開できます。

    _images/SaveFile2.jpg

プレゼンテーションファイルに保存する方法

プレゼンテーションファイルは、分子をPowerPointで3次元表示する場合や、編集した複数の内容をまとめて保存したい場合に使用します。


  1. [プレゼンテーション編集]ウィンドウを開きます。[プレゼンテーション編集]ウィンドウは、[ツール]メニューの[プレゼンテーション編集]をオンにします。

    _images/SaveFile3.jpg

  1. [タイトル]テキストボックスに、好きなタイトル文字列を入力します。

    _images/SaveFile4.jpg

  1. 同様に[コメント]テキストボックスに、コメント文字列を入力します。タイトルおよびコメントは必ずしも入力する必要はありません。これらは、プレゼンテーションファイルの管理のために利用できます。

    _images/SaveFile5.jpg

  1. [追加]ボタンをクリックします。

    _images/SaveFile6.jpg

[追加]ボタンの左にある[シーンデータ]リストにシーンが追加されます。プレゼンテーションへは複数のシーンを追加できます。

_images/SaveFile7.jpg

  1. [保存]をクリックし作成したプレゼンテーションをファイルに保存します。

    _images/SaveFile8.jpg

ファイルダイアログが表示されますのでファイル名を入力し[保存]ボタンをクリックします。

_images/SaveFile9.jpg