ホーム > 共同開発・受託開発 > 共同開発事例
PRODUCTS

共同開発事例

AFM(原子間力顕微鏡)マニピュレーションシステム NanoTouch

AFM(原子間力顕微鏡)マニピュレーションシステム NanoTouch

NanoTouchは、AFM(原子間力顕微鏡)用に開発されたマニピュレータです。AFMの実測データをもとに3次元CGを作成し、その中でオペレータがプローブ操作をおこなうことで、実空間の対象サンプルを操作することができます。フォースフィードバック装置を採用し、反力を感じることができる、よりリアルな操作感を実現しました。


NanoTouch機能

  1. AFM測定データの3次元ジオメトリによる可視化
  2. フォースフィードバック装置によるプローブのリアルタイム制御
  3. プローブの接触情報をもとにした反力生成

NanoTouch仕様

ソフト

AFMマニピュレーションソフト(FAM-8000)

AFMコミュニケーション機能 プローブスキャンイメージ取得
プローブ抑制
接触電圧の取得
XQTイメージフォーマット
接触モード、非接触モード
スキャンイメージレタリング機能 レンダリングモード
表示モード
表示品質の設定機能
バックグラウンド/試料判別機能
サーフェイス/ワイヤーフレーム
試料別配色、XQTカラーテーブル配色

フォースフィードバック生成機能

ハードウェア

フォースフィードバック装置

作業空間 160×130×130mm
位置分解能 1000dpi(0.02mm)
摩擦力 0.06N
最大反動力 6.4N
硬直性 3.5N/mm
慣性 75g以下
占有面積 180×160mm

描画用PC

CPU Intel Pentium4 1.8GHz以上
メモリ 512MB以上
グラフィックス Quadro2 Pro以上
ハードディスク 30GB以上

NanoTouch対応機種

セイコーインスツルメンツ株式会社様
走査型プローブ顕微鏡システム SPI3800Nシリーズ

標準測定機能

立体表示機能を持たないアプリケーションソフトでも、透視投影3D表示が可能であれば、自動的にその出力をバーチャルリアリティ表示できます。時分割方式および偏光方式の立体表示に対応しています。

  • コンタクトAFM
  • DFM(ダイナミックフォースモード)
  • MFM(磁気力顕微鏡)
  • FFM(摩擦力顕微鏡)
  • フェーズモード
  • ベクタースキャン

カタログ

こちらからAFM(原子間力顕微鏡)マニピュレーションシステムNanoTouchのカタログをダウンロードいただけます。