_images/logo.png




分子の重ね合わせ配置

この項の概要

この項では類似の分子構造を重ね合わせる機能の操作手順を説明します。

  1. [分子の重ね合わせ配置]ボタンをクリックします。

    _images/Superimpose1.png

    図1:[分子の重ね合わせ配置]のクリック

    Note

    このボタンは同じシーンに分子が2つ以上ある時に有効です。


  1. コンボボックスで重ね合わせる分子を選びます。開始残基と終了残基を指定すると部分的な構造の重ね合わせが行えます。

    _images/Superimpose2.png

    図2:重ね合わせる分子の選択


  1. オプションを選び[実行]ボタンをクリックすると、指定した箇所のRMSDを計算します。

    _images/Superimpose3.png

    図3:[実行]ボタンのクリックによるRMSDの計算


  1. 表で結果を選び[A→B配置][B→A配置]で分子構造を重ね合わせます。[距離の表示]ボタンでは分子Aの原子と、分子Bの原子の原子間距離を表示できます。

    _images/Superimpose4.png

    図4:分子構造の重ね合わせ