_images/logo.png




編集したファイルをPowerPointに貼り付けたい

手順

  1. PowerPointを立ち上げ[コントロールツールボックス]の[コントロールの選択]をクリックします。現在使用中のマシンに登録されているすべてのコントロールがリストされます。[コントロールツールボックス]が表示されていない場合、[表示]メニュー、[ツールバー]の順に選択し、“コントロールツールボックス”をチェックします。

  1. リストの中から“FiatLux MolFeat Control”をクリックします。マウスカーソルが十字になり、コントロールの挿入が可能であることを示します。

    _images/PasteDataToPowerPoint1.jpg

  1. スライド上でマウス左クリックした状態でドラッグして、コントロールを配置します。その位置にMolFeatコントロールが挿入されます。

    _images/PasteDataToPowerPoint2.jpg

  1. コントロール上でマウス右ボタンをクリックし、ポップアップメニューを表示します。

    _images/PasteDataToPowerPoint3.jpg

  1. [プロパティ]をクリックしプロパティウィンドウを表示します。

    _images/PasteDataToPowerPoint4.jpg

6. (プロパティページ)の項目をクリックし、右側に表示されるボタンをクリックします。

_images/PasteDataToPowerPoint5.jpg

プロパティページが表示されます。

_images/PasteDataToPowerPoint6.jpg

7. 各プロパティの設定をおこないます。

プロパティ名 内容
ファイル名 コントロールに表示するファイル名を指定します。 テキストボックスの右側にあるボタンをクリックすると[ファイルを開く]ダイアログが表示され、ファイルの選択ができます。
キャプション→表示 コントロール実行時、キャプションを表示する、もしくは表示しないかを指定します。
キャプション→サイズ キャプションの文字サイズを“ 大”、“中”、“小”から指定します。
キャプション→色 キャプションの文字色を指定します。
コメント→表示 コントロール実行時、コメントを表示する、もしくは表示しないかを指定します。
コメント→サイズ コメントの文字サイズを“ 大”、“中”、“小”から指定します。
コメント→色 コメントの文字色を指定します。
視点の自動回転→有効 コントロール実行時、視点の自動回転を有効にする、もしくは有効にしないかを指定します。
視点の自動回転→回転速度 回転速度を指定します。マイナスの値も指定できます。
視点の自動回転→回転軸 回転させる軸を“ X軸”、“Y軸”、“Z軸”から指定します。
トラジェクトリアニメーション→有効 コントロール実行時、トラジェクトリアニメーションを有効にする、もしくは有効にしないかを指定します。
トラジェクトリアニメーション→速さ トラジェクトリアニメーションの速さを、“ 高速”、“中速”、“低速”から選択します。
開始時のシーン番号 コントロール開始時に最初に表示するシーンの番号を0から指定します。
シーン切り替え時に視点位置を保持 コントロール実行中に、シーンの切り替え操作をおこなった際、以前の視点位置情報を保持する、もしくは保持しないかを指定します。この設定が オフのときは、シーンに記録されている視点位置の情報が復元されます。
情報の表示 スライド編集時、コントロールにプロパティ設定の状態を表示する、もしくは表示しないかを指定します。これらの状態はコントロール実行時には表示されません。