ホーム > バーチャルリアリティ関連製品 > バーチャルリアリティランチャーソフト EasyVR
PRODUCTS

バーチャルリアリティランチャーソフト EasyVR

バーチャルリアリティランチャーソフト EasyVR

お手持ちの3次元アプリを自動的にVR変換

バーチャルリアリティランチャーソフトEasyVRは、汎用3次元アプリケーションソフト(CAD/CAM/可視化など)の描画出力を解析し、バーチャルリアリティ的に処理を加えることで、アプリケーションソフトを実行させた状態で、その描画出力をリアルタイムにバーチャルリアリティ空間として再構築することができます(特許出願中)。


特徴

3次元アプリケーションの描画を自動的にVR変換するため、以下のような特徴があります。

  1. 「金銭的コスト」従来のモックアップや3Dプリントにかかっていた費用が削減できます。
    cost

  2. 「時間コスト」データコンバートは不要ですので、VRで見たい時に見られます。
    time

  3. 「操作感」3次元アプリケーションの起動のみEasyVRのランチャーから行っていただく必要がありますが、その他の操作は3次元アプリケーション上で行います。その操作の結果はリアルタイムにVR空間に反映されます。

  4. 「テセレーション」3次元アプリケーションの表示をそのまま使用しますので精度は3次元アプリケーションの表示依存となります。そのためデータコンバートによる精度の低下はございません。

  5. 「シェーダー/マテリアル」3次元アプリケーションの表示をそのまま使用します。そのためデータコンバートによる修正は存在しません。

用途

  • 「CAD/CAM」モックアップや3Dプリントの代わりとしてデザイン検証ができます。3次元アプリケーションの変更をリアルタイムにVR空間に反映させますので、データの変更と検証が一度に行えます。ヘッドトラッキング装置を使用することにより実寸大表示や曲面を正確に表現する事が可能です。建築物等の大きい製品ですとその中からの風景の検証や、物の距離感の検証にもお使えいただけます。

  • 「可視化」各種解析計算の結果を分かりやすく表示するための可視化アプリケーションがございますが、それらの3次元表示では専門の方以外の人にはなかなか実感を伴えない事が多々あります。VR化することにより、専門の方以外にも実感を持っていただく事が可能です。

EasyVRの技術情報詳細

3次元グラフィックスAPIのキャプチャによりVRを実現する“EasyVR”&“Fusion”の開発についての技術的詳細に関する資料は下記からご覧いただけます。

バーチャルリアリティランチャーソフト EasyVRのデモ映像

こちらでは、バーチャルリアリティランチャーソフトEasyVRのデモ映像をご覧いただけます。

バーチャルリアリティランチャーソフト EasyVRのシステム構成例

EasyVRのシステム構成例は下記の通りです。

バーチャルリアリティランチャーソフト EasyVRのシステム構成例

バーチャルリアリティランチャーソフト EasyVRの価格

こちらへお問い合わせください。
また、当社内でEasyVR、Flock of BirdsSwingBoardを組み合わせた常設のデモ設備を準備しております。ご興味のある方はこちらまでお問い合わせください。

EasyVR 機能

バーチャルリアリティランチャーソフトEasyVRの詳細な機能については、こちらでご紹介しています。

詳細を見る

カタログ

こちらからバーチャルリアリティランチャーソフトEasyVRのカタログをダウンロードいただけます。

ご注意ください

対象のアプリケーションソフトの描画出力をベースに映像を生成するため、もとのアプリケーションソフトが描写していない部分に関しては生成することはできません。

現在未対応の市販パッケージソフトへの対応も承ります。なお、技術的に対応不可能な製品があります。

カタログ記載内容は予告なく変更することがあります。あらかじめご了承ください。