バーチャルリアリティランチャーソフトウェア

EasyVR

EasyVRは、汎用3次元アプリケーションソフトウェア(CAD/CAM/可視化など)の描画出力を解析し、バーチャルリアリティ的に処理を加えることで、アプリケーションソフトを実行させた状態で、その描画出力をリアルタイムにバーチャルリアリティ空間として再構築することができます(特許出願中)。

製品特徴

3次元アプリケーションの描画を自動的にVR変換するため、以下のような特徴があります。

  1. 「金銭的コスト」従来のモックアップや3Dプリントにかかっていた費用が削減できます。
    cost

  1. 「時間コスト」データコンバートは不要ですので、VRで見たい時に見られます。
    time

  1. 「操作感」3次元アプリケーションの起動のみEasyVRのランチャーから行っていただく必要がありますが、その他の操作は3次元アプリケーション上で行います。その操作の結果はリアルタイムにVR空間に反映されます。

  1. 「テセレーション」3次元アプリケーションの表示をそのまま使用しますので精度は3次元アプリケーションの表示依存となります。そのためデータコンバートによる精度の低下はございません。

  1. 「シェーダー/マテリアル」3次元アプリケーションの表示をそのまま使用します。そのためデータコンバートによる修正は存在しません。

カタログ

こちらからEasyVRのカタログをダウンロードいただけます。

ダウンロードはこちら

ご注意ください

対象のアプリケーションソフトの描画出力をベースに映像を生成するため、もとのアプリケーションソフトが描写していない部分に関しては生成することはできません。

現在未対応の市販パッケージソフトへの対応も承ります。なお、技術的に対応不可能な製品があります。

カタログ記載内容は予告なく変更することがあります。あらかじめご了承ください。

用途

  • 「CAD/CAM」モックアップや3Dプリントの代わりとしてデザイン検証ができます。3次元アプリケーションの変更をリアルタイムにVR空間に反映させますので、データの変更と検証が一度に行えます。ヘッドトラッキング装置を使用することにより実寸大表示や曲面を正確に表現する事が可能です。建築物等の大きい製品ですとその中からの風景の検証や、物の距離感の検証にもお使えいただけます。

  • 「可視化」各種解析計算の結果を分かりやすく表示するための可視化アプリケーションがございますが、それらの3次元表示では専門の方以外の人にはなかなか実感を伴えない事が多々あります。VR化することにより、専門の方以外にも実感を持っていただく事が可能です。

機能

そのままバーチャルリアリティ表示

立体表示機能を持たないアプリケーションソフトでも、透視投影3D表示が可能であれば自動的にその出力をバーチャルリアリティ表示できます。時分割方式および偏光方式の立体表示に対応しています。

マルチチャネル出力

傾斜スクリーンやCAVEのようなマルチスクリーンシステムにも対応して、バーチャルリアリティ表示が可能です。

ウォークスルー

Microsoft Direct Input対応の汎用ゲームコントローラや3次元マウスにより、バーチャルリアリティ空間をウォークスルーできます。

GUIはそのまま

バーチャルリアリティ表示中でも、アプリケーションソフトのGUIはそのまま機能します。

ヘッドトラッキング

Ascension社製 Flock of Birdsなど、トラッキングセンサの測定データをもとに、ユーザの視点位置に応じた映像を提示するので、仮想物体をさまざまな方向から見ることができます。

技術情報詳細

3次元グラフィックスAPIのキャプチャによりVRを実現する“EasyVR”&“Fusion”の開発についての技術的詳細に関する資料は下記からご覧いただけます。

資料はこちら

対応アプリケーション一覧

(社名順) 2018年7月現在

メーカー アプリケーション バージョン

ALTAIR ENGINEERING, LTD.

Hyper View

2017 

ANSYS

CFD-Post

17 - 19 

Electronics Desktop

2017

Fluent

17 - 19 

Autodesk

3dsMax

2010 - 2018

Alias

2010 - 2018

Maya

2010 - 2018

MotionBuilder

2013 - 2018

Navisworks

2011 - 2018

Revit

2012

Showcase

2011 / 2013 - 2017

AVS Inc

AVS/Express

7 - 8

Blender Foundation

Blender

2

CEI

EnSight

8.2 / 9.0 / 9.1 / 9.2 / 10.0 / 10.1 / 10.1.6f / 10.2.1

COMSOL

COMSOL Multiphysics

5.2

Dassault Systemes

CATIAV5

R18 - R27 

DELMIAV5

R20 - R27 

eDrawings

2017

SolidWorks

2013 - 2017

SolidWorks Composer

2013 - 2017

Virtools

4 - 5

dGB Earth Sciences

OpendTect

4

DIAL GmbH

DIALux

4.12

ESI

ESI Visual-Viewer

4.0 / 7.5

Esri

ArcScene

10.3

GNS mbH

Animator

3 - 4

Google

Google Earth

6 - 7

GRAPHISOFT

ArchiCAD

13 / 19

IronCAD, LLC

IronCAD

2016

Intelligent Light

FieldView

13 - 16

Innovative Research,Inc

TileFlow

5.7

ISID

R-3D

2

LMS

VirtualLab

12

Mentor Graphics

FloVIZ

11.0

MSC

Adams

2012

Patran

2017

PTC

Creo

1.0 - 4.0

CreoView

1.0 - 4.0

ProENGINEER

Wildfire4 / Wildfire5

Robert McNeel & Associates

Rhinoceros

4.0 - 6.0 

Siemens

Femap

11.4

Jack

7.1

JT2Go

11

Siemens

NX

7 - 11

ProcessSimulate

9 - 13

SolidEdge

20 / ST5 - ST10

STAR-CCM+

11 - 12

STAR-View+

11 - 12

Teamcenter VisMockup

8 - 11

Solibri

Solibri Model Viewer

9.6

Synopsys,Inc

LightTools

8.4

Schrodinger, LLC

PyMOL

1.8

solidThinking, Inc.

solidThinking Inspire

2018 

TechonoStar

TSV-Post

5.0

University of Illinois

VMD

1.9

Visual Collaboration Technologies

VCollab

2013

Visual Computing Lab

MeshLab

1.3

VR&D

Design Studio for Genesis

13.0

アーク情報システム

ArkFemView

4.7

アドバンスナレッジ研究所

FlowDesigner

13

川崎重工業

K-ROSET

1.6 / 1.8

港湾空港技術研究所

CADMASVR

3

サンディア国立研究所、Kitware株式会社、ロスアラモス国立研究所

ParaView

3

ソニー株式会社

FRESDAM

2016

ソフトウェアクレイドル

STREAM

12

日本ユニシス・エクセリューションズ

AIREALMEISTER

8.1

CADmeister

10.0

日立製作所

CADAS

2016

福井コンピュータアーキテクト

RealWalker

2

富士通

CADAS

2016

GP4

15

iCAD SX

V7L5

VPS

15 / 20

デジタルプロセス株式会社

VridgeR

4

トヨタケーラム

Micro Caelum II

7.5

ラティス・テクノロジー

XVL Player

15 - 17

ご注意ください

記載の会社名および商品名は各社の登録商標または商標です。

対象のソフトウェアの描画出力をベースに映像を生成するため、対象のソフトウェアが描写していない部分に関しては表示することはできません。

現在未対応の市販パッケージソフトウェアへの対応も承ります。技術的に対応不可能な製品もございます。

記載内容は予告なく変更することがあります。あらかじめご了承ください。

動作環境

CPU Corei7またはそれ以上のプロセッサを搭載したパーソナルコンピュータ
OS Windows XP/7
Linux(ディストリビューションはお問い合わせ下さい)
メモリ 4GB以上を推奨、ベースソフトに依存)
ハードディスク 10MB以上の空き容量
CD-ROM 必須
グラフィックスカード NVidia Quadro FX3800以上推奨
ディスプレイ 解像度1024×768以上、65,536色以上 (時分割方式の立体表示をおこなう場合は垂直同期信号120Hz程度を入力可能なこと)
ネットワークカード 1000Base/Tx以上のネットワークカード

システム構成例

EasyVRのシステム構成例は下記の通りです。

バーチャルリアリティランチャーソフト EasyVRのシステム構成例

対応トラッキングセンサ

  • Ascension Flock of Birds
  • Polhemus FASTRAK
  • Intersense IS Series
  • Vicon MotionCaptureSystem
  • A.R.Tracking system

対応表示デバイス

VRシステム

CAVE、Powerwallなどの多面立体視表示システム

立体ディスプレイ

Nvidia 3D Vision 対応ディスプレイ

ヘッドマウントディスプレイ

Virtual-Eye HEWDD-768

価格

こちらへお問い合わせください。

Top