3次元アプリケーション融合技術

Fusion

Fusionは、複数の市販の汎用3次元アプリケーションソフトウェアの描画空間をリアルタイムにひとつの3次元空間として融合し表示する画期的な新技術です。(特許出願中)

製品概要

「Fusion」は、複数の市販の汎用3次元アプリケーションソフトウェアの描画空間をリアルタイムにひとつの3次元空間として融合し表示する画期的な新技術です。アプリケーションソフトウェアが出力するOpenGL描画情報をリアルタイムに取得して融合表示させるのでデータコンバートの必要がなく、オリジナルの描画情報に基づく忠実なデータ表示が再現できます。特に自動車や建築・住宅関連の設計分野において有益な技術で、例えば自動車設計においては意匠設計部門のサーフェスモデラーと機械設計部門のソリッドモデラーとをリアルタイムに同一空間で表示し比較検討できるので、部門間のデータ共有化に費やされていた膨大な時間と労力を削減できます。

カタログ

こちらからFusionのカタログをダウンロードいただけます。

ダウンロードはこちら

ご注意ください

対象のアプリケーションソフトの描画出力をベースに映像を生成するため、もとのアプリケーションソフトが描写していない部分に関しては生成することはできません。

現在未対応の市販パッケージソフトへの対応も承ります。なお、技術的に対応不可能な製品があります。

カタログ記載内容は予告なく変更することがあります。あらかじめご了承ください。

製品特徴

  • 汎用アプリケーションソフトウェアが動作しているので、作業しながらその結果をリアルタイムにFusion空間上に反映することが出来ます。
  • 汎用アプリケーションソフトウェアの描画情報をもとにFusion空間上に画を再現しているため、オリジナルのデータに忠実に画が再現されます。
  • Fusion空間はゲームコントローラなどでウォークスルーすることができます。またFusion空間内に融合されている各々のデータは個別に移動・回転操作が可能です。もちろん汎用アプリケーションソフトウェアからの操作はリアルタイムに反映されます。
  • Fusion空間はバーチャルリアリティー的処理も加えることができ(FusionVR)立体視や視点位置のトラッキング等でバーチャル空間上で実寸大に表示することも可能です
fusion

用途

【自動車会社関係】

自動車会社においては、デザイン部門、設計部門には異なるサーフェイスモデラーやソリッドモデラーが乱立しており、部門間でデータをやり取りするにあたり、モデラー間でのデータコンバートによるインポート、エクスポート等やり取りが必要になります。しかしながらこのデータコンバートには非常に多大な時間がかかったり、途中でマシンがハングアップしてしまったり、またデータコンバートがうまくいったとしても、実際に別のモデラーで読み込むとオリジナルのデータと比較して曲線のテセレーションレベルが微妙に違ったり、ポリゴン、テクスチャが欠落したりと非常に手間がかかります。このようにデザイン部門と設計部門でのデータのやり取りは、例えばボディの一部を確認したいだけなのに時間がかかり非効率的な現状があります。

Fusionの優位性はアプリケーションそのものの描画情報をリアルタイムに取得して表示させるところにあります。そのためデータコンバートの必要がなく、オリジナルソフトの描画情報に基づいているので忠実に表示が再現されるというメリットがあります。

Fusionの適用方法の事例として、下記があげられます。

  • 異なるアプリケーションのそれぞれの原点軸をFusionの描画空間に融合し、リアルタイムにデザイン、設計間のやり取りにおける設計上のミスの洗い出しを早期に効率的に行う。
  • 別々のアプリケーションで作成した街並みや車などをリアルタイムに同時に表示しプレゼンの幅を広げる。
  • CADのデータ(例:車のモデル)とCAEのシュミレーション結果(例:流体解析)を自動的に融合表示する。

【建築・住宅関係】

  • 設計データと流体解析の可視化結果を組み合わせ、より効果的なプレゼンテーションをみせる(別途Movie参照)

この次世代バーチャルリアリティ空間構成技術によりもたらされる画期的な成果を、皆様の業務革新にもぜひお役立てください。なお、FusionにはVR機能を持たせたFusionVRと、デスクトップ環境で使用するFusionViewerをご用意しております。

技術情報詳細

3次元グラフィックスAPIのキャプチャによりVRを実現する“EasyVR”&“Fusion”の開発についての技術的詳細に関する資料は下記からご覧いただけます。

対応アプリケーション

対応アプリケーション

メーカー アプリケーション バージョン

Autodesk

3dsMax

2010 - 2017

Alias

2010 - 2017

Maya

2010 - 2017

MotionBuilder

2013 - 2017

Navisworks

2011 - 2017

Revit

2012

Showcase

2011 / 2013 - 2017

AVS Inc

AVS/Express

7 - 8

Blender Foundation

Blender

2

CEI

EnSight

8.2 / 9.0 / 9.1 / 9.2 / 10.0 / 10.1

COMSOL

COMSOL Multiphysics

5.2

Dassault Systemes

CATIAV5

R18 - R26

DELMIAV5

R20 - R26

eDrawings

2017 

SolidWorks

2013 - 2017 

SolidWorks Composer

2013 - 2017 

Virtools

4 - 5

dGB Earth Sciences

OpendTect

4

DIAL GmbH

DIALux

4.12

ESI

ESI Visual-Viewer

4.0 / 7.5

Esri

ArcScene

10.3

GNS mbH

Animator

3 - 4

Google

Google Earth

6 - 7

GRAPHISOFT

ArchiCAD

13 / 19

IronCAD, LLC

IronCAD

2016 

Intelligent Light

FieldView

13 - 16

Innovative Research,Inc

TileFlow

5.7

ISID

R-3D

2

LMS

VirtualLab

12

Mentor Graphics

FloVIZ

11.0

MSC

Adams

2012

PTC

Creo

1.0 - 4.0 

CreoView

1.0 - 4.0 

ProENGINEER

Wildfire4 / Wildfire5

Robert McNeel & Associates

Rhinoceros

4.0 - 5.0

Siemens

NX

7 - 11 

Jack

7.1

JT2Go

11

ProcessSimulate

9 - 13 

SolidEdge

20 / ST5 - ST9 

STAR-CCM+

11 - 12 

STAR-View+

11 - 12 

Teamcenter VisMockup

8 - 11 

Solibri

Solibri Model Viewer

9.6

Synopsys,Inc

LightTools

8.4

Schrodinger, LLC

PyMOL

1.8

TechonoStar

TSV-Post

5.0

University of Illinois

VMD

1.9

Visual Collaboration Technologies

VCollab

2013

Visual Computing Lab

MeshLab

1.3

VR&D

Design Studio for Genesis

13.0

アーク情報システム

ArkFemView

4.7

アドバンスナレッジ研究所

FlowDesigner

13

港湾空港技術研究所

CADMASVR

3

国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクト

Zindaiji

1.6

サンディア国立研究所、Kitware株式会社、ロスアラモス国立研究所

ParaView

3

ソニー株式会社

FRESDAM

2016

ソフトウェアクレイドル

STREAM

12

日本ユニシス・エクセリューションズ

CADmeister

10.0

日立製作所

CADAS

2016

福井コンピュータアーキテクト

RealWalker

2

富士通

CADAS

2016 

GP4

15

iCAD SX

V7L5 

VPS

15 / 20

デジタルプロセス株式会社

VridgeR

4

トヨタケーラム

Micro Caelum II

7.5

ラティス・テクノロジー

XVL Player

15 - 17 

対応デバイス(トラッキングセンサ)

FusionVR 対応デバイス(表示システム)

  • VRシステム(CAVE等)
  • 裸眼立体ディスプレイ
  • ヘッドマウントディスプレイ

価格

こちらへお問い合わせください。

Top